01

01

2018年1月15日new

第4回 ミッション2:「720度宇宙撮影」

ミッション2は宇宙全方位の撮影です。
AUTcube2には、前方と後方に2つの魚眼レンズが取り付けられています。それぞれ上下左右の360度を撮影することができるので、2つの画像を組み合わせて720度の景色を撮影しようという試みです。
しかし、宇宙空間での撮影は簡単ではありません。その理由は宇宙空間における明暗のコントラストの強さです。太陽は非常に明るい一方で、宇宙空間の大部分は非常に暗く、月や地球は中間程度の明るさです。このような空間を撮影する場合、明るい方に露出を合わせると他の部分が暗くなりすぎて黒くつぶれてしまいます。また暗い部分に露出を合わせると他の部分が明るくなりすぎて白く飛んでしまうのです。
この問題を解決するのがHDR(ハイダイナミックレンジ)というプログラム。1回の撮影で明るい部分に合わせた画像、中間の画像、暗い部分の画像を撮影し、それを合成して自然な画像を作り上げます。スマートフォンのカメラなどにも搭載されている機能ですが、AUTcube2ではこのプログラムをオリジナルで組み、小型コンピューターでカメラを制御することで宇宙空間を鮮明に撮影します。
このミッションで撮影された720度の画像は、宇宙を身近に感じてもらったり、宇宙を楽しんでもらうためのVR(ヴァーチャルリアリティ)コンテンツとして活用される予定です。

※全方位を表す造語です。

イメージ図

SNSでシェアしよう!